TOYOTAパレード見聞記2016

【交流記】湯浅宗倫SMC会員
 去る11月26日澄みきった青空のもと、神宮外苑聖徳記念絵画館前を中心に開催されたトヨタ博物館クラシックカーフェスティバル2016は、今年で東京開催10周年の節目を迎えました。 オープニングセレモニーでは布垣直昭トヨタ博物館館長の挨拶がありました。『自動車文化を皆さんに感じて頂きたいとの思いから活動してきました。そしモータリゼーションに貢献した「カローラ」も50周年を迎えました。 今年からパレードのスタート順は、今までの国別から年代順に変更となりました。 又、自動車は走ってこそ価値があります。お客様が走る博物館の様に感じて頂けたら幸いです。ここまで続けてこれたのは地元の皆様はじめお客様、オーナーの皆様の協力のおかげです。』と、感謝の意を表されました。

続いて、このイベント最大の楽しみとして約100台の参加オーナーによるパレードが実施されました。
我がサクラ・モータークラブより寺本顧問が出展しVW TIPE2 BUSに私も含め5名が同乗させて頂きました。寺本オーナーのこだわりに敬意を表し、この車にふさわしい懐かしのオールディーズを聴きながら出発。
パレードコースは、黄色く色づいた銀杏並木から皇居前を抜け銀座方面までの約11k程をドライブ。沿道から多くのファンの声援を受け最高の気分を満喫しました。
午後のイベントでは、会場内をジャンル別に数台が走行する特設コースに寺本オーナーが参加、私もまたまた同乗させて頂きました。
そのなかでも映画「007」で使用されたトヨタ2000GTは、その素晴らしいエンジン音を響かせながら走る姿に喝采を浴び誇らしげでした。

クロージングセレモニーでは、当時のコスチュウムを身につけた参加オーナー、最年長者参加や最年少者参加など様々な賞が披露され、受賞したオーナー達は晴れがましい姿で記念撮影に臨んでいました。
晴天の下、とにかく楽しかった最高の一日でした。
撮影した写真から会場の雰囲気をお楽しみいただけると嬉しいです。