About Us(SMC概要)

ご挨拶
サクラモータークラブ 会長 前原 克彦
サクラモータークラブのホームページがリニューアルされ、大変魅力あるものに変身致しました。これを機会に車、特に古い車に興味をお持ちの皆様に、このホームページがお役に立てることが出来れば望外の喜びでございます。
 このクラブは、こよなくクルマを愛する仲間達が集い、3つの価値 「見る(観る)楽しみ」・「触れる楽 しみ」・「走る楽しみ」 を共有し、楽しいクラブづくりを目指ざしております。又、車の歴史・文化の保存と継承に寄与し、末永く地域に貢献、伝承することを活動の理念としております。
 皆様、どうぞサクラモータークラブの活動に参加され、車と触れ合い、そして、歴史・文化に思いを馳せながら楽しいひと時を過ごそうではありませんか。
1.サクラ・モータークラブの沿革
クラブ名は、サクラ・モータークラブ(Sakura Motor Club) 略称SMC 発足当時チバ・モータークラブの名称でスタートしたが、将来佐倉市からインターナショナルに発展することを期待し千葉をサクラに改めた。サクラは、日本を代表する桜花をシンボルとして、チームカラーをピンクに、そしてクラブの名称をサクラ・モータークラブとした。

クラブ活動目的 : 千葉県下で開催されるクラシックカーのイベントが少ない理由で、千葉県佐倉市周辺にクラブを設立。その活動は、クラシックカーの展示と観賞、また動態保存に努めるクルマ愛好家の交流を主としてイベントを開催。この活動を広く告知することで自動車文化の継承と普及を行っていく。

サクラ・モータークラブ設立 : 2011年 8月

設立メンバー : 成田地区勤務の航空会社技術者仲間7名が設立メンバー。斉藤豊司、坂田芳一、庄司憲市、柴田芳彦、板井泰三、吉本豊、中町裕、

主たる活動:サクラ・オートヒストリーフォーラムの主催、佐倉城下町400年事業協力イベント「新町暮らシックCarまちなか博物館」共催、他。 

会員数19名(2017年1月時点)

特記:前原克彦が2013年SMC会長に就いたことで、バラとクルマのコラボレーションが佐倉草ぶえの丘バラ園で具現化し、バラの育成に携わる佐倉市の文化発展に貢献することになった。前原は国際的に著名なバラ育成家で、その功績は佐倉草笛の丘バラ園が世界の優秀バラ園に選ばれるなど幅広い。2011年から4年間、サクラ・オートフォーラム開催会場として協力をいただいたDIC川村記念美術館を、2015年開催から佐倉草ぶえの丘に移し、クラシックカー展示会場とバラ園が真のコラボレーションを創出し深い関係が生まれた。佐倉市の史話によると、第11代当主堀田正恒公が海軍将校として欧州遠征時、スポーツ車とバラの苗木を持参して帰国したとの史実がある。佐倉の車とバラの花に関わるに史話を尊重しサクラ・モータークラブの理念に付記し私たちの活動の礎となっている。
2-2.SMC活動実績
開催年月 名称 開催場所 エントリ台数 観衆人数 フォーラム講師 協力団体 エンターテイナー等
2011.5 第1回サクラ・オートヒストリーフォーラム(SAHF)2011 DIC川村記念美術館 駐車場 54 NA      
2012.5 第2回SAHF2012 DIC川村記念美術館 駐車場 57 NA      
2013.5 雨天 第3回SAHF2013 DIC川村記念美術館 アート広場 47 NA 川上完氏 河村氏、飯田裕子氏    
2013.12 第1回新町暮らシックCarまちなか博物館 新町通り市営駐車場 沿道パレード 23 700 佐倉高校記念館 同心円ボーカルグループ
2014.5.10 第4回SAHF2014 DIC川村記念美術館 アート広場 78 2460 川上 完氏 飯田裕子氏   三四朗Sax
2014.12 第2回新町暮らシックCarまちなか博物館 新町通り市営駐車場 沿道パレード 31 1000 習志野ジャズバンド
2015.5 第5回SAHF2015 佐倉草ぶえの丘自由の広場・駐車場、研修室 98 4000 寺本氏 加藤氏(富士重工) 飯田裕子氏   益山真理子Piano
2015.12 第3回新町暮らシックCarまちなか博物館 新町通り市営駐車場 沿道パレード 35 500
2016.5 第6回SAHF2016 佐倉草ぶえの丘園内駐車場、岩名パレード、研修室 90 2000 杉山氏(本田技研) 寺本氏 飯田裕子氏   水野友恵ボーカル、
2016.12 第4回新町暮らシックCarまちなか博物館 新町通り市営駐車場 沿道パレード2周(同乗可) 35 200 商店会駐車場 カ所展示 パレード同乗者抽選会
*2017.5 第7回SAHF2017(計画)   佐倉草ぶえの丘園内全域 沿道パレード20台、研修室 100
二輪車10台
  当摩氏(カタログ収集家) 寺本氏 飯田裕子氏    
2-3.SMCの理念
  1. このクラブは、こよなくクルマを愛する仲間達が集い、3つの価値 「見る(観る)楽しみ」・「触れる楽しみ」・「走る楽しみ」 を共有し、楽しいクラブづくりを目指ざす。
  2. 運営は、協力支援を惜しまない愛好家の自律性を尊重する。
  3. 会員の親睦を図り、参加者、見学者や運営者の満足を追求する。
  4. 自動車歴史とクルマ文化の保存と継承に寄与し、末永く地域に貢献、伝承する。
2−3−1 活動指針
SMC広報宣伝活動の促進
ホームページの充実で会員コミュニケーションの啓発
  • バラ園とコラボ、
  • 商店会とコラボ
  • 市イベントとコラボ
  • 交通安全運動とコラボなど/li>
  • ケーブルテレビの有効活用
  • 自動車歴史・文化の継承
  • テーマに沿った車両展示
  • 展示車の表彰
  • フォーラム講演とディスカッション
  • ヒストリック車の動態保存啓蒙運動
イベント実施と地域貢献活動
テーマを明確にしたSAHF開催
佐倉史実を尊重しバラ園とクルマのコラボ
2-4.組織
2-5.会員・役員
会員 名誉会長
堀田正典
会員 顧問
河村昭
会員 顧問
寺本健
会員 会長
前原克彦
会員 副会長
坂田芳一
会員 事務局長
佐々木喬
会員 理事
湯浅宗倫
会員
佐野雅宣
会員 理事
高橋淳
会員
加藤晃三
会員
柴田芳彦
会員
吉本豊
会員
鳩原勉
会員
佐藤明大
会員
沖田純之介
会員
鈴木俊介
会員
湯浅サダ子
監事
田邊俊彦
会員
山岸剛
準会員
飛弾元美
2-6.会則
第一章  総  則
第1条 (名称)
このクラブは、サクラモータークラブ(略称SMC)と称する。
第2条 (目的)
本クラブは、動態保存された車を継承し、車の価値を高め、車文化を形成する活動を通して、地域の活性化に寄与することを目的とする。
第3条 (事務局)
本クラブの事務局は下記に置くものとする。
〒285-0841 千葉県佐倉市下志津520 
第4条 (活動)
上記の目的達成のため以下の活動を行う
  • サクラオートヒストリーフォーラム(SAHF)の開催
  • ヒストリックカーに関連するイベントへの協力、関与
  • 車愛好家同士の交流と情報交換
  • 会員同士の交流と親睦
  • その他目的達成のため必要とされる活動
第二章  会 員 及び 会 費
第5条 (会員)
本クラブは正会員(会員)、準会員によって構成される。
  1. 正会員(会員) この会の目的に賛同し入会した者とする。会費 年会費3000円を収める。総会での議決権を有する。
  2. 準会員 この会の活動に賛同し支援・協力を申し出た者とする。年会費1000円を収める。但し、総会での議決権はない。
第6条 (加入・退会及び除名)
  1. 入会
    本クラブに入会は随時、所定の用紙にて申し込み行う。会費納入で入会承認。会期は4月~翌年3月とする。
  2. 退会
    会員は退会届を会長に提出し自由に退会できる。
  3. 除名
    1年間の会費滞納、或いは本クラブの名誉を著しく傷つける行為のあった者、又クラブ の運営上必要最低限の協力を得られない者に対しては、会員の多数の議決により除名する事が出来る。
    
第三章  役 員
第7条 (役員)
本クラブは、本クラブは次の役員を置く。 会長ークラブを代表する。副会長ー会長を補佐する。事務局長ー会の運営業務を司る。理事ー若干名。
第8条 (役員選出)
会長、副会長、監事は総会に於いて会員の互選により選出する。役員の任期は2年とし、留任は妨げない。理事は会長が推薦して総会にて承認する。
第9条 (顧問等)
会長の委嘱により本クラブに名誉会長、顧問、相談役を置くことができる。
第四章  運 営
第10条 (役員)
役員は本クラブの管理運営にあたる。
第11条 (決定)
本クラブの運営は、次の会議にて決定、推進する。
  • 総会
  • 役員会
第12条 (総会)
総会は会長が招集し、会計年度終了後3か月以内に開催する。総会の定足数は会員数の3分の2とし、議長は会長がつとめる。 総会は下記についての審議を行う。
  • 会則の改定
  • 解散及び合併
  • 活動報告及び収支決算
  • 活動計画及び収支予算案ならびにその変更
  • 役員選出
  • その他運営に関する重要事項
第13条 (役員会)
役員会は必要に応じて会長が招集し、以下の事項を討議する。
  • 総会及び各種行事の開催
  • その他の必要事項
第14条 (会計年度)
本クラブの会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。
第5章 雑則
第15条 (細則)
本規約に定めのない事項は、役員会の議を経て細則を定めることができる。
第16条
本クラブは、総会において出席者の3分の2以上の賛成により、解散する事が出来る。 又、解散後のクラブ名称の継承についても総会の議決に従う事とする。
(附則)
この会則は、平成22年8月1日より実施する
改定 : 平成24年11月24日
改定 : 平成28年6月25日
改定 : 平成28年10月21日
改定 : 平成29年1月21日
改定 : 平成29年3月11日